Windows 7 の基本操作
情報処理教材  >  Windows 7 の基本操作  >   MS-IME言語バーの使い方

MS-IME 言語バーの使い方

日本語入力システムIME について

 IME とは Input Method Editor の略で、日本語や中国語など文字が多い言語で入力を行なうために必要な変換ソフトウェアのことをいいます。日本語入力システム用の IME では、 MS-IME(Microsoft社)、ATOK(JustSystem社)、ことえり(アップル社)などが代表的です。
 富山大学総合情報基盤センターの情報教育用端末室の WindowsPC には、MS-IME とATOKが導入されています。ここでは、MS-IME Standard 2010 「かな漢字変換日本語入力システム」(以下、MS-IME2010 と略)について説明します。

MS-IME 言語バーの表示について

 言語バーは通常、画面の右下の隅に表示されています。

imeパッド

imeパッド

 IME の言語バーは日本語入力を支援するものです。たとえば、入力する文字の種類を変更したり、ひらがなを漢字に変換する場合の変換モードや、読み方のわからない漢字や記号の検索、単語登録などの操作を行うことができます。

 言語バーの右下の▼(オプション)をクリックすると、言語バーに表示できるオプションが選択できます。

imeパッドのオプション

使いたいオプションを選択すれば、言語バーに表示させることができます。反対に、言語バーに表示させないようにすることもできます。

imeオプションのメニュー


図 言語バーのオプションメニュー

言語バーのアイコンの説明

 MS IME 言語バーのアイコンの意味は以下のとおりです。

imeパッドの説明
図 言語バーのアイコンの説明

番号アイコン名説明
(1)日本語  使用する言語を選択します。
(2)キーボード IMEの切り替えに使用します。
(3)入力モード 入力可能な文字の種類を表示し、入力モードを切り替えます。
(4)変換モード 入力可能な文字の種類を表示し、入力モードを切り替えます。
(5)IME パッド 日本語入力ツールのIMEパッドを起動します。
(6) 文字列検索  検索プロバイダの追加や設定を行います。
(7)ツール  IME の日本語入力環境をカスタマイズするとき使います。
(8)ヘルプ  IME に関してわからないことを知るためのヘルプを表示します。
(9)かなキーロック  入力方法のかな/ローマ字入力を切り替えます。
(10)CAPS キーロック  英字入力の大文字/小文字を切り替えます。
(11)最小化 言語バーを画面最下位のタスクバーに格納します。
(12)オプション  言語バーのメニューの設定変更や機能追加に使用します。

入力モードの切り替え

 キーボードの[全角/半角] キーを押すことで、日本語入力と英語(直接)入力を交互に切り替えることができます。(アプリケーションによっては、[Alt(前面)] +[全角/半角] キー を押す必要がある場合があります。)
 また、言語バーの入力モード(入力モード)をクリックして、メニューから選択することが可能です(下図)

入力モードの変更
図 入力モードの変更方法

入力方式など入力環境の設定変更

 日本語を入力する際の入力方式には「ローマ字入力」と「かな入力」の2種類があります。初期設定は「ローマ字入力」に設定されています。設定を変更するには、IME言語バー (9) の[KANA]アイコンをクリックします。

Return

情報処理教材のページへ 情報処理教材のページへ