Windows 7 の基本操作
情報処理教材  >  Windows 7 の基本操作  >  エクスプローラー(ファイル管理ツール)

エクスプローラー(ファイル管理ツール)

エクスプローラーはWindowsのファイルやフォルダーを管理するツールで、ファイル操作やアプリケーションの起動などを行うことができます。また、PCのディスク全体のフォルダーの階層と、選択したフォルダーの階層を同時に表示することができます。

エクスプローラーの起動

[スタート]ボタン を右クリックし、 [エクスプローラを開く]として起動することもできますが、[コンピューター]や[ドキュメント]などを開くと、自動的にエクスプローラーが起動されます。

フォルダーやファイルの表示方法の設定

[表示方法を変更する]ボタンの右側の▼をクリックします。

表示を変更する

表示方法を選択します。[詳細]を指定すると、ファイルの種類やサイズ、更新日時などの情報を表示することができます。

表示変更メニュー

フォルダーやファイルの表示方法が変更されました。

詳細表示

ファイルの並べ替え(表示順序の変更)

[詳細表示]では、項目名をクリックすることにより、表示する順序を変更することができます。

詳細表示

例えば、[更新日時]をクリックすると、ファイルが更新された日時の順に並べ替えられます。(フォルダーは別な扱いになります。)

更新日時順

再度、[更新日時]をクリックすると、ファイルの更新された日時が古い順に並べ替えられます。

更新日時順2

フォルダーの内容を別ウィンドウで表示する

フォルダー・アイコンをダブルクリックすると、現在のウィンドウにフォルダーの内容が表示されます

エクスプローラー

[Ctrl]キーを押しながらフォルダー・アイコンをダブルクリックすると、フォルダーの内容を別ウィンドウで表示することができます。

別ウィンドウでの表示

ファイルのプレビュー機能

[プレビューウィンドウを表示する]ボタンをクリックします。

プレビューの指定

選択したファイルの内容がプレビュー表示されるようになります

プレビュー

Return

情報処理教材のページへ 情報処理教材のページへ