チャット

  

チャットの追加

  1. 編集モードONの状態で、「活動またはリソースを追加する」をクリックします。

活動またはリソースを追加する

  1. 「チャット」を選択します。

チャット

  1. 「追加」をクリックします。

追加

チャットの設定

一般

  1. チャットルーム名を記入します。
  2. 説明欄に、注意事項などを記入します。。

チャット説明

  1. 「コースページに説明を表示する」か否かを指定します。このオプションを有効にした場合、上記「詳細」欄の説明文がコースページ内の活動/リソースのリンクの下に表示されます。

説明を表示

  1. 「次回のチャットタイム」を設定します。

次回のチャットタイム

「セッションの繰り返し」で「チャット時間をこうかいしない」 以外を設定している場合に、指定した時間にチャットセッションが開始されます。設定したチャットタイムは「カレンダ」および「直近イベント」に表示されます。

チャットルームはいつでも開かれており、この設定によって開いたり閉じたりする訳ではありません。チャットで会う約束を学生に連絡するものだと考えてください。

他の時間帯にチャットを使用して欲しくない場合は、不可視にするかConditional Activitiyを利用してください。

  1. 「セッションの繰り返し」を設定します。

セッションの繰り返し

チャット時間を公開しない チャットのトップにチャットの時間が表示されません。
繰り返しなし - 設定した時間にのみ公開 セッションを繰り返しません。
毎日同じ時間に 毎日同じ時間にセッションが開始されます。
毎週同じ時間に 毎週同じ時間にセッションが開始されます。
  1. セッションのログ(過去のチャット)を保存しておく期間を指定します

セッションの保存期間

  1. 「すべての人が過去のセッションを閲覧できる」か否かを設定します。
    「Yes」とすると、すべてのユーザが過去のセッションのログを閲覧できます。「No」とすると権限をもつユーザ(例 教員)のみが、過去のセッションのログを閲覧できます。

過去のセッション

モジュール共通設定

  1. グループモードを選択します。

モジュール設定

グループモード

下記の3つのグループモードから選択することができます。

  • グループなし - サブグループはありません。全員が、1つの大きなコミュニティの一員です。
  • 分離グループ  - 受講者は、自分が属するグループ内でのみチャットできます。他のグループのチャットを閲覧することはできません。
  • 可視グループ - 受講者は、自分が属するグループ内でのみチャットできます。、他のグループのチャットを閲覧することもできます。
可視性
受講者がこのチャットにアクセスできるかどうかを「表示」/「非表示」で設定します。
ID ナンバー
IDナンバーを設定することで、評定計算の目的で活動を識別する手段を提供します。評定計算に活動が含まれていない場合、IDナンバーフィールドは空白の ままにすることができます。

利用制限

  1. 利用制限などを指定します。「Yes」のチェックボックスを選択しない限り、アクセス開始日時と終了日時は設定されません。

利用制限

保存

  1. 下部の「保存して表示する」をクリックすると、作成したチャットモジュールが表示されます。

保存して表示

※ 評定コンディションなどについては、Conditional Activitiesを利用するための手順を参照してください。

チャットの実施

  1. 設定したチャットは、トピックスと「カレンダ」および「直近イベント」に表示されます。
  1. チャットルーム名を選んでクリックします。

チャット

  1. 「チャットルームに入室する」をクリックします。
    「アクセシビリティの高いインターフェースを使用する」を選択した場合は、フレームやJavascriptを使わずスクリーン・リーダーなどに適したフォーマットで表示されます。

チャットルーム

  1. チャットルームの画面が表示されます。

チャットルーム

  1. 右側の欄に、このチャットにログインしているユーザーが表示されます。ユーザーアイコンとユーザー名が表示されます。ユーザーの横の「ビープ」をクリックするとそのユーザーに「音」で合図を送ることができます。

ユーザー

  1. キーボードから発言内容を入力して、「送信」ボタンをクリックします。

送信

  1. 相手のウィンドウ内に、発言内容、発言した時間とユーザー名が表示されます。

発言内容の表示

テーマとしてBubbleを選んでいると、次のように表示されます。

表示

アクセシビリティの高いインターフェースを使用する

「アクセシビリティの高いインターフェースを使用する」を選択した場合は次のような画面になります。

発言内容の表示

上部に、このチャットにログインしているユーザーが表示されます。ユーザー名と最後に発言してからの経過時間が表示されます。

下部の空欄にキーボードから発言内容を入力して「送信」ボタンをクリックしてください。

ウィンドウ下部に、発言内容、発言した時間とユーザー名が表示されます。

  

戻る