Webページの添付

  

複数のHTMLファイルやリンクされたイメージファイルなどをZIP形式で圧縮してまとめてアップロードし、Moodle内で解凍して利用することができます。

Webページの添付

  1. 編集モードONの状態で、「活動またはリソースを追加する」をクリックします。

活動またはリソースを追加する

  1. 「ファイル」を選択します。

ファイルの追加

  1. 「追加」をクリックします。

追加

Webページの添付の設定

一般

  1. 名称(項目情報名)を記入します。
  2. 説明欄に説明を入力します。

ファイルの追加

ファイルのアップロード

コンテンツ

高度なWeb機能が利用できる場合は、ドラッグ&ドロップでファイルを登録し、13に進んでください。

  1. 「追加」をクリックします。ファイルピッカのウィンドウが開きます。

ファイルの追加

  1. 「ファイルのアップロード」をクリックします。

ファイルのアップロード

  1. [参照]ボタンをクリックします。

参照ボタン

  1. PCの圧縮ファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

ファイル選択

  1. 必要に応じて、作成者を修正し、ライセンスを選択します。

作成者

  1. [このファイルをアップロードする]をクリックします。

ファイルのアップロード

  1. ファイルが登録されました。

ファイルが登録された

  1. ファイルのアイコンをクリックしてダイアログボックスを表示します。

選択

  1. 「展開」をクリックします。

展開

  1. 解凍されたファイルが表示されます。

展開された

  1. 最初に表示するファイルのアイコンをクリックします。

メインファイル

  1. 「メインファイルに設定する」をクリックします。

メインファイルの設定

アピアランスなどの設定

アピアランス

  1. アピアランスを指定します。

オプション

  • 自動 - 選択されたURIタイプを自動的に検出して表示します。
  • 埋め込み - ナビゲーションバーの下にURI説明およびブロックとともに表示されます。
  • ダウンロードを強制する - ユーザはファイルのダウンロードを促されます。
  • オープン - ブラウザウィンドウ内でのみ表示されます。
  • ポップアップ - メニューまたはアドレスバーなしの新しいブラウザウィンドウに表示されます。
  1. 「拡張要素を表示する」をクリックすると、ウィンドウの大きさを指定できます。

ポップアップウィンドウの大きさ

モジュール共通設定

  1. 学生が閲覧できるか否かを「表示」/「非表示」で設定します。

表示または非表示

利用制限

  1. アクセス開始日時と終了日時を設定できます。「Yes」のチェックボックスを選択しない限り、日時は設定されません。

利用制限

  1. [保存してコースに戻る]または[保存して表示する]をクリックします。

コースに戻る

Conditional Activitiesの設定

※ Conditional Activitiesが有効になっている場合は、評定コンディションや活動完了コンディションの設定欄が表示されます。

完了

「評定コンディション」以下の項目の設定については、Conditional Activitiesの項を参照してください。

  

戻る