IMSコンテンツパッケージ

  

IMSコンテンツパッケージは、異なるシステム内で再利用できるよう、IMSの標準に基づいてパッケージ化された一連のファイルです。IMSコンテンツパッケージ・モジュール では、ZIP圧縮されたコンテンツパッケージをアップロードした後、リソースとしてコースに追加することができます。

IMSコンテンツパッケージを使用して、マルチメディアコンテンツやアニメーションを表示することができます。

IMSコンテンツパッケージの追加

  1. 編集モードONの状態で、「活動またはリソースを追加する」をクリックします。

リソースの追加

  1. IMSコンテンツパッケージをチェックして選択し、「追加」をクリックします。

IMSコンテンツの追加

IMSコンテンツパッケージの設定

一般

  1. 名称(項目情報)を記入します。
  2. 説明欄に内容の短い説明を入力します。

項目情報

  1. 「コースページに説明を表示する」か否かを指定します。このオプションを有効にした場合、上記「説明」欄の説明文がコースページ内の活動/リソースのリンクの下に表示されます。

説明を表示

コンテンツのアップロード

  1. 「アップロードするファイルをここにドロップする」と書かれた欄に、PCのファイルをドラッグ&ドロップします。

ファイルのドロップ

モジュール共通設定と利用制限

モジュール共通設定と利用制限

  1. 学生が閲覧できるか否かを「表示」/「非表示」で設定します。

表示または非表示

利用制限

  1. アクセス開始日時と終了日時を設定できます。「Yes」のチェックボックスを選択しない限り、日時は設定されません。

利用制限

  1. [保存してコースに戻る]または[保存して表示する]をクリックします。

コースに戻る

IMSコンテンツパッケージの表示

通常、コンテンツはページ間のナビゲーションと共にそれぞれのページに表示されます。

imsコンテンツの表示

  

戻る