URI

  

Moodle 1.9での「ファイルまたはウェブサイトへのリンク」がファイルURIに分かれました。

URI(ウェブサイトにリンク)の追加

  1. 編集モードONの状態で、「活動またはリソースを追加する」をクリックします。

活動またはリソースを追加する

  1. 「URI」を選択します。

uri

  1. 「追加」をクリックします。

追加

URIの設定

一般

  1. 名称(項目情報)を記入します。
  2. 説明欄に内容の短い説明を入力します。

新しいページの追加

  1. 説明文をコースページ内のリソースのリンクの下に表示するかどうかを指定します。

コースページに説明を表示する

コンテンツの表示設定

コンテンツ

  1. URIを入力します。

URIの入力

「リンクを選択する」をクリックすると、FlickrやYoutubeなどからメディアを選択できるファイルピッカーが表示されます。

オプション

  1. オプションを指定します。

オプション

  • 自動 - 選択されたURIタイプを自動的に検出して表示します。
  • 埋め込み - ナビゲーションバーの下にURI説明およびブロックとともに表示されます。
  • オープン - ブラウザウィンドウ内でのみ表示されます。
  • ポップアップ - メニューまたはアドレスバーなしの新しいブラウザウィンドウに表示されます。

「拡張要素を表示する」をクリックすると、ポップアップ・ウィンドウの大きさを指定できます。

ポップアップウィンドウの大きさ

パラメータ

  1. 「拡張要素を表示する」をクリックすると、内部Moodle変数を自動的にURIに付加する設定ができます。

変数の付加

モジュール共通設定と利用制限

モジュール共通設定

  1. 学生が閲覧できるか否かを「表示」/「非表示」で設定します。

表示または非表示

  1. IDナンバーを設定することで、評定計算の目的で活動を識別する手段を提供します。評定計算に活動が含まれていない場合、IDナンバーフィールドは空白の ままにすることができます。

利用制限

  1. アクセス開始日時と終了日時を設定できます。「Yes」のチェックボックスを選択しない限り、日時は設定されません。

完了

保存

  1. [保存してコースに戻る]または[保存して表示する]をクリックします。

コースに戻る

※ 「評定コンディション」以下の項目の設定については、Conditional Activitiesの項を参照してください。

  

戻る