ITC HOME  >  マニュアル  >  MS-Office 2010 情報  >  表計算ソフトウェアExcel2010を使おう
Excel 2007の使い方 − ワークシートの操作

  ■  シートの操作 

シートの選択ウィンドウ下部のシート見出し(シート名のタブ)をクリックします。

複数のシートを選択する場合は、ShiftキーかCtrlキーを併用します。
すべてのシートを選択する場合は、シート見出しを右クリックして表示されるメニューから、<すべてのシートを選択>を選びます。

ワークシートの追加
・シート見出しの右端の<ワークシートの挿入>ボタンをクリックします。
・シート見出しを右クリックして表示されるメニューから、<挿入>を選びます。「OK」ボタンをクリックします。

シート名の変更
シート見出しをダブルクリックして選択し、新しい名前を入力してEnterキーを押します。

シートの順序の変更
シート見出し上にマウスポインタを移動し、マウスボタンを押したままにします。マウスポインタがシートの形に変化 したら、ドラッグ&ドロップで移動させます。

シートの移動またはコピー
シート見出しを右クリックして表示されるメニューから、<移動またはコピー>を選びます。移動先ブック名を選択し、<OK>ボタンをクリックします。(コピーする場合は<コピーを作成する>をチェックしておきます。)

シートの移動
シート見出し上にマウスポインタを移動し、マウスボタンを押したままにします。マウスポインタがシートの形に変化したら、ドラッグ&ドロップで移動させます。

シートのコピー
シート見出し上にマウスポインタを移動し、マウスボタンを押したままにします。マウスポインタがシートの形に変化
したら、Ctrlキーを押しながらドラッグ&ドロップでコピーします。

シートの削除
削除するシート見出しを右クリックして表示されるメニューから、<削除>を選択します。

シートの非表示
非表示にするシート見出しを右クリックして表示されるメニューから、<非表示>を選択します。

シートの再表示
シート見出しを右クリックして表示されるメニューから、<再表示>を選択します。ダイアログボックスで再表示したいシートを選択します。

 ■ シートをグループ化して編集する 

作業グループの形成
ShiftキーかCtrlキーを押しながら複数のシートを選択します。

作業グループの解除
前面に表示されている以外のシートのシート見出しをクリックします。

各シートに同時に適用される操作
文字の入力、書式設定、編集(セルの移動、コピー、フィルなど)、挿入などの操作は、作業グループ内の 各シートの同一位置のセルに同時に適用されます。

  複数のワークシートのセルを参照して計算する 

複数のワークシートに作成したそれぞれの表のセルへの参照を利用して、複数のワークシートにまたがって 計算を行うことができます。

他のワークシートへのセル参照
同じブック内の他のワークシートのセルを参照すると、セル番地の前に「ワークシート名」+「!」が付きます。

例 =Sheet1!A1+Sheet2!A1

他のブックのワークシートへのセル参照
他のブック内のワークシートのセルを参照すると、セル番地の前に「[ブック名]」+「ワークシート名」+「!」が付きます。

例 =[ブック1]Sheet1!A1++[ブック2]Sheet1!A1


3D参照と串刺し計算
複数のワークシートの同一番地のセルを参照して計算するには、結果を入れるセルに関数を入力し、範囲を指定する際にシート見出しをクリックして複数のワークシートを選択します。

例えばSheet1からSheet3のセルA1の合計を計算する場合は、
 =SUM(Sheet1:Sheet3!A1) のようになります。

   ■ シートの保護 

誤って削除したり他人に変更されたくないデータや計算式がある場合、シート全体を保護してデータの入力や 変更が出来ないようにすることができます。

シートの保護
シートを保護するには、
・ 「校閲」タブを選択し、「シートの保護」を選択します。
・ シート見出しを右クリックし、「シートの保護」を選択します。

    保護する対象を設定し、必要ならパスワードを設定します。

シート保護の解除
シート保護を解除するには、
・「校閲」タブを選択し、「シート保護の解除」を選択します。
・ シート見出しを右クリックし、「シート保護の解除」を選択します。
    パスワードが設定されている場合はパスワードを入力します。